jemcologo

工場業務改革の進め方 ~可視化・定量化から定着化への近道!~

概要

少子高齢化による労働力不足やダイバーシティ化への対応等、労働生産性向上を図るための業務改革・改善課題が多い中、働き方改革という名のもとに労働時間の短縮のみに焦点を当てている企業も少なくありません。
本セミナーでは、本当の業務改革とは何なのか?収益力強化につながる、業務価値・機能の向上ならびに労働者の意識改革を狙った、業務改革アプローチと改善事例をご紹介いたします。

お申込み受付は終了いたしました

対象者管理職(係長・課長以上の方)、経営・工場幹部の方
セミナー詳細<セッション1>業務改革アプローチ(ろじたん可視化・定量化)
昨今の働き方改革の推進やコンプライアンス遵守、生産性の向上含めた業務改善・改革が喫緊の企業課題となっている中、複雑な業務実態の把握・分析は難しく、また何から始めて良いのか分からない!等、具体的な改善が進まないのが実態ではないでしょうか。
多岐にわたる業務実態を、IoTツール「ろじたん」を活用して、より短期間に!より簡単に!より詳細に!可視化・定量化し、改革の着眼点「組織設計・プロセス改善~電子化/自動化等」を基準に問題構造の整理ならびに課題形成することで、業務改善・改革を加速化させる業務改革アプローチを、事例と併せてご説明いたします。

<セッション2> 作業マニュアル作成のポイント
ベテランの暗黙知(カンコツノウハウ)に頼ってきた現場の多くが後継者育成の問題に直面しています。「目で見て盗む」時代から、早期の戦力化・定着化が望まれる時代に。OJTのみに頼った教育による技術のバラツキをマニュアル整備によって「誰でもできる化」の状態へ…。マニュアルを作成したことがなく「何から始めていいのか?」「どこまで書いたらいいのか?」、マニュアルや手順書はあるがまったく活用されておらず何年も更新されていないという声をよく耳にします。マニュアル作成の進め方・ポイントと活用方法を改善事例と併せてご説明いたします。

【講師】
収益構造改革コンサルティング事業部 本部長コンサルタント
全日本能率連盟・認定マスター・マネジメント・コンサルタント
 今村 正幸

収益構造改革コンサルティング事業部 経営コンサルタント
 牛奥 修三
開催日時2020年6月17日(水)15:00~16:30
※セッション1/40分、セッション2/30分、質疑応答/10分
定員特別ご招待(無料)先着50名様(1社2名様まで)
主催株式会社ジェムコ日本経営
注意事項※不測の事態などによって、内容や講師、会場が変更になる場合も極まれにございます。
同業者さまならびに会場のキャパシティなど事情によりご受講頂けない場合もございます。予めご了承くださいますようお願い致します。

セミナーに関するお問い合わせ:セミナー運営事務局

〒104-0061

東京都中央区銀座6-13-16 株式会社ジェムコ日本経営 内